読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

U25政治なう

はじめまして。まっしゅ25歳です。私は都内の某IT企業で勤めるサラリーマンです。 そんな私は2016年12月より政治家志望です。コネも無い、金もない、そんな25歳がどれだけ政治と向き合うことができるかをこのブログで発信して参ります。

政治と起業②

こんにちは!まっしゅです。

 

本日のブログでは、以前にも記載した政治と起業について掲載いたします。

 

このブログを書き始めた当初、私は政治家を目指すことだけを考えていました。

 

ですが、振り返ってみると大学時代の私の夢は経営者になることでした。

何の事業を起こすとか、そういった背景は無く、ただ単純に起業することに憧れておりました。

 

更に遡ると、小学生の卒業式に大勢の前で宣言した夢は芸能人になることでした。

 

これらを踏まえて共通して感じるのはとんでもなく目立ちたがり屋だということでした。

 

他にも、小学校高学年の時に学級委員長に立候補して落選した時に泣きながら早退してしまったこともありました。

 

小学校6年生の時には自分で芸能事務所へエントリーしました。

書類選考は通過しましたが、二次面接で東京へ行くことを両親から許されず諦めたこともありました。

 

中学校入学時は、とにかくモテたかったのでクールな自分を演出することしか考えておりませんでした。

ですが、結果は気取りすぎていたため友達はできず、人生で最初で最後のいじめに合いました。

アメリカンフットボール部のメンバー5人に囲まれてボコボコにされたこともありました。

 

その後、父親の仕事の関係でアメリカのカリフォルニア州にあるアルバニーミドルスクールという中学校に1年間通いました。

その時は、自分の名前(マサキ)を似ているイントネーションのワサビに置き換えました。

一部の友人たちからは最後まで林ワサビだと思われていたでしょう。

 

帰国後は苦手なメンバーが多くいたからこそ、アメリカンフットボール部に所属しました。中高一貫校だったので、高校2年の夏まで所属しておりました。

最終的には背骨を圧迫骨折してしまい、マネージャー業務が嫌で退部しましたが。。

 

大学時代は学生イベント団体の代表として努めました。

1回のイベントで数百万円という金額が動く時の快感は今でも忘れません。

 

以上を踏まえたうえで、感じたのが

自ら目立つための動きを積極的に取っていたということです。

 

では、社会人2年目となった今、目立つための手段としては営業であれば数字を上げることです。

 

実際のところは成果を出すどころか、私は自他共に認める問題社員です。

 

実際に、新卒時代に先輩から人材には3種類あると言われたことがありました。

人材・人財・人罪

です。

 

その時、私が言われた「じんざい」は、人罪でした。

 

その時は流石にショックを受けましたが、特に否定するつもりもなかったです。

 

ただ、強いて言うなら社内で業績を上げて表彰されたり、認められている同期や先輩を見ても全く羨ましいと感じませんでした。

 

理由はシンプルです。

 

私が思う成功とは、

自分らしくあり、それが周囲から許容されている状態

だからです。

 

自分の人生の主人公は自分です。

 

それが、体現できる環境であればどこで働くことも自由だと思います。

 

私の場合は、考えた結果が政治起業に偏っただけの話です。

 

自分の人生を生きる。

これだけは徹底していきたいですね。

 

今回は、自分の話ばかりになってしまいましたが、最後までお読みいただいた方ありがとうございます。

 

オカマと政治

こんにちは!まっしゅです。

 

今回はオカマ政治を絡めました。

 

我ながら、かなり唐突な内容ではございますが勿論理由があります。

 

まず、オカマというと

男性同性愛者

という意味なので偏見を持つ人はいらっしゃるかと思います。

 

では何故、私が今回オカマをテーマに取り上げたのかというと私が先日、人生で初めて歌舞伎町のオカマバーへ行ったからです。

 

f:id:msk884mash:20170111153247p:plain

ひげガール 新宿歌舞伎町店

 

こちらが先日、私が初めて行った新宿のオカマバーです。

 

オカマ政治というと、

一貫性が全く感じられません。

 

ですが、日本にも過去に伝説のオカマと呼ばれた政治家がいました。

 

f:id:msk884mash:20170111153726p:plain

それがこの方!

東郷健さんです!

私と同じ、兵庫県出身且つ、関西学院大学出身の政治家です。

2012年4月1日に79歳でお亡くなりになっております。

 

彼(彼女)は、雑民党という政党を新たに組織し、国政選挙や都知事選挙に出馬していました。

過激な政見放送で話題となった政治家ですが、ネット上だけでも非常に多くのお悔やみの言葉が寄せられておりました。

 

理由として多かったのは、

ユニークな人、逸話のある方など

個人のアイデンティティを尊重した内容が多かったです。

 

この話を踏まえてですが、

私が行ったオカマバーで働く方たちも総じて強いです。

もちろん、メンタル面や体力面などもあるかもしれませんが、特に私が感じた強さは芯を持つ強さです。

 

東郷さんを筆頭に、自分が信じた生き方を体現することができる人間は性別問わず、カッコいいと私は思います。

 

私自身もブレない芯の強さを持つ必要があると感じさせられました。

 

最後に

明日の投稿では久し振りにインタビュー内容を掲載します。

昨晩、共産党立川市議会議員の若木さん、立川・昭島地区委員会委員長の大野さんとお会いしてきました。

 

久し振りのインタビュー記事なので緊張しますが今後とも、宜しくお願いします!

映画【帰ってきたヒトラー】と政治

こんにちは!まっしゅです。

 

最近DVDをレンタルする機会が多かったので、またしても映画と政治を半ば無理やりですが絡めて参ります。

 

今回、ご紹介する映画は!

 

帰ってきたヒトラー

f:id:msk884mash:20170110095158p:plain

です!!

 

この映画は2015年10月に公開された映画なので、比較的新しい作品です。

 

2014年のベルリンにヒトラーが蘇るところから物語は始まります。

 

f:id:msk884mash:20170110111933p:plain

ヒトラーといえば、最凶独裁者などと言われたオーストラリア出身のドイツの政治家です。

500~600万人というユダヤ人の虐殺を行ったなどで有名な独裁者です。

 

そんなヒトラーですが、第二次世界大戦でドイツの敗戦が確実となり自害しております。

 

なかなか知られていない、愛犬家だった一面や、ちょびを生やしていた理由など細部についても詳しく描かれた映画でした。

 

もちろん私自身、ヒトラーと聞くとえとんでもない殺戮家というイメージが強く、それ以外はむしろ何も知りませんでした。

 

ヒトラーが行ってきた悪事の数々は許されるものではないので、映画を理由に正当化するつもりはございませんが、

もし、本当にヒトラーという人物が今の世の中に生きていたら、この映画のようになるだろうと、

強く感じさせられる映画でした。

 

訳あって、実は未だ前半の1時間くらいしか観ることができていないので続きを早く観たいものです。

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございます。

 

アドルフ・ヒトラーの死 - Wikipedia

matome.naver.jp

政治塾と議員秘書

こんにちは!まっしゅです。

 

今日は以前に政治家になるまでの経緯として挙げた、

政治塾に入塾すること

議員秘書になること

についてとある東京都内の地主さんと話をした内容について触れさせていただきます。

 

まず、それぞれの違いを下記にまとめました。

 

政治塾

f:id:msk884mash:20170109163041p:plain

①入塾費用が必要(費用は塾によって異なる)

②頻度が月に数回

③面接、書類選考が必須

④政治家になるには塾内で上位の成績が必須

議員秘書

f:id:msk884mash:20170109163228p:plain

①給与が発生する(給与は議員によって異なる) 

②週5日〜7日間の勤務(議員により頻度は異なる)

世襲や長い付き合いのある人間が優先的に配属される

④秘書につく議員が落選すれば職を失う

 

ザックリとまとめると以上になります。

 

結論から言うと、どちらも

誰の政治塾に入塾するか

誰の議員秘書につくか

によって、環境は大きく変わります。

ただ、

費用の有無

政治に関わる頻度

職を失うリスク

候補まで必要になる期間

などは大きく異なります。

 

私の場合、28歳の3年後に立候補する予定なので、

議員秘書だと短くても3年、長い方だと10年以上議員秘書として勤務が必要になります。

もちろん、こちらも議員の方次第で必要な期間は異なります。

 

議員秘書の場合、給与は議員の方の給与から振り分けられる形になります。

その為、議員は自分だけでなく、秘書の生活を支える義務があります。

 

その為、日本の議員はどうしても次回の選挙で当選することを目的に政策を掲げる方がいらっしゃいます。

 

例えば、これがアメリカ合衆国だと議員秘書をそれぞれ何名までと定められたうえで、政府から議員秘書の給与が支払われます。

 

その為、各議員が掲げる政策内容が当選を目的として掲げられるというよりは、個人個人の目的や目標に沿って行なわれます。

 

以上のように、政治塾、議員秘書だけでも異なる点は多いです。

 

以前に議員秘書になることを目標に掲げておりましたが、

政治塾も視野に入れて今後取り組んでいこうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

映画【ショーンシャンクの空に】と政治

こんにちは!まっしゅです。

たまたまDVDを数枚レンタルしていたので、

今回のテーマは1994年に公開されたアメリカの有名映画、

ショーンシャンクの空に】政治を絡めてご紹介いたします。

 

 

f:id:msk884mash:20170107102653p:plain

 

様々なオススメ映画サイトで紹介されているこの映画の内容はご存知の方も多いでしょう。

 

ですが、私自身25歳にして初めてこの映画を観たので、簡単に内容について触れさせていただきます。

 

この映画を一言でまとめると

脱獄ストーリーです。

ですが、そんなシンプルな言葉でまとめられるような内容では決してございません。

 

 

その証拠に、主人公であるアンディ・デュフレーン(※下記写真)が、

f:id:msk884mash:20170107103844p:plain

脱獄するまでに要した期間は物語上で約20年です。

更に、彼は無実であるにも関わらず、投獄されてしまうところから物語は始まります。

 

ショーンシャンクという過酷な刑務所で出会った仲間達と過ごす、壮絶な20年間で起きた出来事は本当に知らない世界そのものでした。

 

物語における登場人物を大きく分類すると、

囚人

刑務官

の二つに絞られると私は思います。

 

そこでは、違法な殺人やお金の取引も刑務官が行なうものはすべて、合法となる世界でした。

 

特に、この刑務所内で最も権力のある、

f:id:msk884mash:20170107105015p:plain

ートン所長はかなりの曲者です。

 

 

こうしたストーリーを観ていると、何が正しくて、何が行けないのか、

ストーリー上で政治を否定するような言葉も飛び交います。

 

この物語を観ていると、否定したくなる気持ちも分かります。

 

ましてや自分が無罪なのであれば。。。

 

明るいストーリーが終始展開されるような映画ではありませんが、

社会について、政治について、生き方、人生について、

本当に色々と考えさせられる映画でした。

 

今後、政治に関わっていくうえで、

新たな視点から政治を見ることができるようになった気すら感じます。

 

このブログをご覧いただいた方で、この映画を観たことがない方や、ストーリーを忘れてしまった方、もう一度観たいと感じた方、是非一度観ていただければと思います。

 

個人的にかなりオススメできる映画だと思います。

(既に私が勧めるまでもなく超有名作品ですが笑)

 

 

本日も、最後までお読み頂きありがとうございます。

ブログを1ヶ月間続けてみて

こんにちは!まっしゅです。

 

本日、1月7日でブログU25政治なうを始めて1ヶ月が経過しました。

 

2016年12月7日に開設したので、

祝1ヶ月です!!!

 

 

1日1件ブログを更新することを決めていたのですが、やってみると想像以上にハードでした笑

 

もともと、継続的に何かに取り組むことに苦手意識を持っていたので、たかが1ヶ月ですが、やってみるとあっという間でした。

 

最初はアクセス数も1日あたり0件~5件という片手で収まるくらいでした。

 

最近になって徐々にアクセス数も増えてきて、昨日初めて1日のアクセス数が200件を超えました!

 

記事に対するスターの数も1件あれば良い方でしたが、昨日だけで55件のスターを頂戴しました!

 

読者数も0人から始まり現在は10となりました!

読者数は、10名のうち1名は自分で読者になったので、正式には9名ですが。。笑

 

 

と、いった具合にブロガーとしてまだまだ未熟ですが、

・記事の投稿を毎日継続すること

・他のブロガーの記事に目を通すこと

以上の2つを今後も継続して参ります!

 

今後とも、宜しくお願いいたします!

映画【きっとうまくいく】と政治

こんにちは!まっしゅです。

 

今回は、先日私が観た映画の紹介と政治を絡めて記載させていただきます。

 

私が観た映画は、コチラ!

 

f:id:msk884mash:20170105134830p:plain

きっと、うまくいくです。

 

この映画は、2016年に同監督によって手がけられたPKという映画が世に出回るまでは映画大国インドで2009年以来ずっと興行収入が国内1位だった映画です。

 

国内1位だったと、言ってしまうと少しインパクトに欠けますが本当に名作だと思います。

 

内容としては、インドの工業大学を舞台に繰り広げられるコメディ映画です。

若者の教育問題をテーマとして取り上げており、若者の自殺率の高さについても描かれた、幅広い魅力を持つ映画でした。

 

 

あの、スティーヴン・スピルバーグ

f:id:msk884mash:20170105142738p:plain

『3回観た。』と、

絶賛だったそうです。

 

この物語はランチョーという10年間消息不明だった学友の所在を掴んだという連絡が入るところから始まります。

 

そこで、ランチョーとはどういう人物だったのか。。

という話に遡り、上手く時系列に沿って物語が進んでいきます。

 

一言でお伝えするならば、

ランチョー天才です。

天才で、変人で、超絶カッコいいです。

 

この映画を観ると、本当の天才やカッコいい人というのはランチョーみたいな人なのかなと考えさせられました。

 

これは、科学者にのみ言えることではなく、政治家、経営者などあらゆる分野において言えるのではないかと感じました。

 

具体的なところで言うと、

謙虚さ

優しさ

懐の広さ

冷静さ

頭のキレ

など数え切れない程挙げられます。

 

そんなランチョーから得た学びを今日も活かして参ります!

 

以上、最後までお読みいただいた方ありがとうございます。