読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

U25政治なう

はじめまして。まっしゅ25歳です。私は都内の某IT企業で勤めるサラリーマンです。 そんな私は2016年12月より政治家志望です。コネも無い、金もない、そんな25歳がどれだけ政治と向き合うことができるかをこのブログで発信して参ります。

世界の選挙【変わった習慣】

こんにちは!まっしゅです。

 

今回のブログでは、世界中の選挙活動における変わった習慣をテーマに書かせていただきました。

 

これがまた、、、

 

調べてみると変わった習慣が沢山ありまして。

 

今回書かせていただくのはほんの一部ですが、URLも貼り付けておりますので、他にも気になるかたはそちらもご覧ください。

 

 

 

では、、、

最初にご紹介する国は、、、

 

 

 

 

 

微笑みの国という異名を持つ親日国!!

 

タイです!!!!

 

No.1:タイでは投票日の前日が禁酒日になる

 

f:id:msk884mash:20161221110237j:plain

タイと言えば、夜の街も栄えているイメージが強いのですが、選挙日の前日は禁酒を習慣化していると聞き驚きました!

タイでは選挙日の前日は「禁酒日」と定められており、夕方16時から深夜24時まで、酒類の販売が禁止されているのです。

 

つまり、居酒屋やバーで酒を飲むことができなくなり、スーパーやコンビニでも酒を買えなくなるというわけですね。

 

 

ですが。。。

 

実際に習慣化できているのか?

 

と、気になったので補足として以下に記載しております事例をご覧ください。

 

ケース1

スーパーで知らん顔をして酒をレジに持って行っても、レジの人に取り上げられる。

 

ケース2

レストランで食事と共にお酒を一杯というのも断られてしまう。

 

ここまでくると、流石の徹底ぶりですね!!

 

むしろ清々しいです!!

 

それでは、次の習慣に移ってみましょう!

 

続いてご紹介するのは、、、

 

 

 

 

なんと!!

 

 

 

 

世界と言っておきながら!!

 

 

 

日本!!

についてご紹介させていただきます。

 

というのも、海外の記事を拝見した際に思いの外、

日本における選挙活動って異質なものだと言われているんですね。

 

なので、他の国を例に挙げながら日本の選挙活動における習慣について書かせていただきます。

 

No.2:日本では選挙活動中に選挙カーを利用する

 

。。。。。

 

書いてはみたものの、やっぱり普通ですよね。

 

日本国内では、当然のように行われている選挙カーを使った選挙活動も、海外からは以下のようなコメントが寄せられております。

 

アメリカ在中の方より

選挙カーはありません。

候補者たちは集会を開いて演説をします。

 

オーストラリア在住の方より
選挙カーはありません。

よって名前や党名を連呼するだけの宣伝活動もありません。

 

スイス在住の方より

街頭演説・選挙カーで立候補者名をわめき散らしながら住宅街を走り回ることはしません。

選挙期間中も、街は静かなものです。

 

以上のように、海外からはむしろマイナスなイメージとして見られていることがわかります。

 

また、日本ではお馴染みの街頭演説を行っている国も比較的少なく、集会を開いたうえで演説を行うケースが見受けられました。

 

日本の選挙活動は、海外から見ると思いの外変わった印象を与えているようですね。

 

実際の当事者である我々日本国民から見た時に、はたして選挙カーや街頭演説が必要なのか。。。

 

それによっては今後、変わっていく余地はあるかもしれませんね。

 

ちなみに、個人的には選挙カーも街頭演説もあくまで努力していることを認知させたり、より多くの人たちに接触することで印象に残す努力をしているように思えます。

 

その為、日本国民から前提として選挙活動に対して、今以上に関心を持ってもらうことができれば変えることはできるかもしれませんね。

 

現状、総選挙と検索するとAKB48に関連するサイトが最上位に表示されるような関心しかないので、今後の取り組みを変えていくうえで充分すぎるほど余地は残っているように思います。

 

では、最後にもう1カ国をご紹介しましょう!

 

 

 

 

最後は!!!!

 

 

 

 

 

豊かな国、住みやすい国との呼び声も多いこの国!!

 

 

 

 

 

 

 

ノルウェーです!!!!

 

No.3:ノルウェーの選挙活動は祭のように楽しい!?

 

祭!?

と、思いますよね。

 

日本の選挙活動を見て、お祭のようだと感じる人は恐らく探してもなかなか見つからないかと思います。

 

 

では、何故ノルウェーでは祭のように楽しいとまで言われているのでしょう。

 

 

 

とは言え、祭だなんて言っても選挙だし大袈裟なwww

 

 

 

 

ではないですよ!

 

 

 

f:id:msk884mash:20161221134918p:plain

こちらがノルウェー統一地方選挙の開票結果が発表された瞬間の写真です!

 

大きなスクリーンの前に大勢の人たちが集まって、まるで有名歌手のライブかサッカーの試合でも見ているようですね。

 

如何に国民が政治に関心を持っているかが伺える写真です。

 

 

では、何故それほどまでに国民たちが政治に対して強い関心を持っているのでしょうか。

 

 

f:id:msk884mash:20161221135500p:plain

ブースですかね?

 

 

f:id:msk884mash:20161221135520p:plain

ブースみたいですね。

 

 

f:id:msk884mash:20161221135705p:plain

これも・・・

 

 

 

そうなんです!

ノルウェーでは、街頭演説や選挙カーではなく、それぞれの立候補者がブースを用意して、そこで有権者と接点を持つようにしているのですね。

 

 

では、ブースでは実際にどのような取り組みが行われているのでしょう。

 

 

 

f:id:msk884mash:20161221140207p:plain

ニンジン!?

ニンジンのプレゼントとはノルウェーならではですね。

 

f:id:msk884mash:20161221140326p:plain

チェス!?

なかには立候補者が有権者とチェスの試合をするような光景も見受けられます。

 

 

 

他にも飴やバラの花をプレゼントするケースもありました。

 

プレゼント自体は、日本の場合だと公職選挙法の違反になってしまう可能性もありますが、ノルウェーならではの活動でとても魅力的ですね!

 

 

 

本当は他にもたくさん紹介したい国がありましたが、今回は以上の3カ国について書かせていただきました。

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございます。

www.huffingtonpost.jp

matome.naver.jp

free-pants.jp