U25政治なう

はじめまして。まっしゅ25歳です。私は都内の某IT企業で勤めるサラリーマンです。 そんな私は2016年12月より政治家志望です。コネも無い、金もない、そんな25歳がどれだけ政治と向き合うことができるかをこのブログで発信して参ります。

東京へ帰ります

こんにちは!まっしゅです。

 

今晩、私は東京都立川市へ帰ります。

 

帰りも前回ご紹介したサイトnottecoを利用したかったのですが、残念ながら空きがありませんでした。

 

今回の関西で過ごした4~5日間を振り返って特に印象的だったのは祖父と過ごした時間でした。

 

f:id:msk884mash:20170104102858p:plain

私の祖父は大正庵という蕎麦屋を経営しております。

 

ちなみに私は蕎麦アレルギーなので、食べたことはありません。

 

そんな祖父は、現在88歳で現役のダンサー(社交ダンス)です。

 

ダンス仲間との間で『モテモテで困っている』と言うことが口癖でもある祖父の異名はハイエナです。

 

そんな88歳のハイエナは25歳で起業をしています。

 

最初は建設会社を立ち上げ、倒産した後に蕎麦屋を始め今では複数の店舗を関西で抱えるようになりました。

 

そんな祖父からよく言われる言葉が

・明日食う米に困ったことがあるか?

・屋台を引いてでも一国の主になれ

以上の2つです。

 

米の話ですが、祖父はもともと裕福な家庭だった訳ではないらしく、最初は立ち上げた会社が倒産したりと極貧を経験したそうです。

 

それでも、諦めなかった根性が何より大切だという祖父の理論です。

 

もう1つの屋台の話は実際に祖父が母(私の曾祖母)から言われた言葉だそうです。

 

毎日、毎日母親から言われていたからこそ、絶対に自分が使われる側ではなく使う人間にならなくてはならないと強く思っていたそうです。

 

そんな祖父も元気とはいえ88歳です。

既に地域内で最年長の社交ダンサーだそうです。

 

祖父が2020年の東京オリンピックまでは死なないと言っていたので、母方の家系を全員東京オリンピックに招ける状態を2020年までに築き上げようと思いました。

 

これもまた、私の目標です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。